「乃木坂46」橋本奈々未、“号泣”引退ライブ 人気絶頂で5年半の活動に幕「私が選んだその先に、正解があると信じています」



1 ジョーカーマン ★@\(^o^)/ :2017/02/20(月) 21:47:42.83 ID:CAP_USER9.net

人気アイドルグループ・乃木坂46の橋本奈々未が24歳の誕生日を迎えた20日、さいたまスーパーアリーナで卒業コンサートを行った。
同公演をもって芸能界からも引退する橋本は、会場を埋め尽くした3万5000人のファンを見渡すと
「いままで本当にたくさんの応援をしていただいてありがとうございました」と号泣しながらあいさつ。
2011年8月21日の結成日から丸5年半、グループが人気絶頂期を迎えるなか、
ファンに「乃木坂御三家」と呼ばれる人気メンバーの橋本が盛大に送り出され、アイドル活動に幕を下ろした。

昨年10月にグループからの卒業および芸能界引退を発表して4ヶ月。
乃木坂46のデビュー5周年記念ライブ『5th YEAR BIRTHDAY LIVE』3daysは、もともと各日3万席のチケット販売を予定していたが即完売。
急きょ追加販売された見切れ席やステージ裏席5000席も即完売となる過熱ぶりで、
会場は3万5000人の観客でパンパンに膨れ上がり、横80メートル、縦120メートルをフルに使ったステージが組まれた。

乃木坂46の『BIRTHDAY LIVE』は“持ち歌全曲披露”が恒例。
これまでは1stシングル収録曲か順に披露してきたが、この日は橋本が各シングルから好きな曲をピックアップして構成し、37曲をパフォーマンス。
初日の本編が終わってメンバーがステージを後にすると、声を枯らしたファンの「ななみん」「ななみん」コールが会場を揺るがした。

開演前から終始、橋本カラーの緑一色に染まった巨大な会場に再び一人で戻ってきた橋本はステージスポットライトを浴びた橋本は「こんなに素敵な景色を何度も何度も目にしているのに、別の道を進みたいと思うのが、いちばん『ないものねだり』だなと感じます」と話したところで大粒の涙。
「私が選んだその先に、正解があると信じています」と話しながら、何度も顔をぬぐった。

メンバーを代表して同い年の白石麻衣が手紙を読み上げ、
「私が乃木坂で過ごした5年半は、ななみんの隣にいた5年半でした。年も同じで、曲の中てはシンメトリーで、最高のパートナーだと思うようになりました」と打ち明けて抱き合うと、2人で声を上げて泣きじゃくった。

生活苦で弟を大学に進学させるため、当時人気絶頂のAKB48の公式ライバルとして募集していた乃木坂46の1期生オーディションを受けた橋本は、11年8月21日に最終審査に合格。
ファンからは白石麻衣、松村沙友理とともに「乃木坂御三家」と呼ばれるなど初期からの人気メンバーで、シングルでは自身がセンターを務めた最新曲「サヨナラの意味」まで16作連続で選抜入りした。

卒業セレモニーでは最初で最後のソロ曲「ないものねだり」を情感たっぷりに熱唱し、
ラストはこちらも最初で最後のセンターを務めた「サヨナラの意味」で締めくくり。会場の隅々にまで手を振り、ファンに別れを告げた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000311-oric-ent

「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE~橋本奈々未卒業コンサート~」

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)

乃木坂46 橋本奈々未




(出典 pbs.twimg.com)


続きを読む

清水富美加不在で映画「暗黒女子」の完成披露試写会 W主演の飯豊まりえ涙「すごく残念」



(出典 www.cinemacafe.net)



1 THE FURYφ ★@\(^o^)/ :2017/02/21(火) 23:57:33.79 ID:CAP_USER9.net

「幸福の科学」への出家騒動の渦中にある女優・清水富美加が主演した映画「暗黒女子」(4月1日、
全国ロードショー)の完成披露試写会が21日、都内の劇場で行われた。W主演のもう一人、
飯豊まりえ(19)は「富美加ちゃんが今日ここに一緒に立てなかったのはすごく、本当に残念に
思ってます」と涙ぐんだ。

W主演女優のうちの1人が不在という異例の事態。冒頭で司会者から「事務所側からの申し出により
欠席になります」と告知され、飯豊と清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈、千葉雄大、
耶雲哉治監督、原作者の秋吉理香子氏が登壇した。

飯豊は最後に「富美加ちゃんが今日ここに一緒に立てなかったのはすごく、本当に残念に思ってます」と
切り出した。「富美加ちゃんはどう思ってるか分からないですけど、私は富美加ちゃんの人柄がすごく
好きですし…」と語るうちに思いがこみ上げてきたのか、目を潤ませていった。「一緒に頑張ろうねと
言っていたので、この作品は富美加ちゃんも…あの…」と涙声になり言葉を詰まらせる場面も。

そして「みんなで富美加ちゃんも含め、みんなで一生懸命作り上げたのは本当にうそはないので。
それを1人でも多くの方に届けられるようにキャストのみんなと耶雲監督と映画の関係者の皆さんで
1人でも多くの皆さんに届けていけるように頑張ります」と誓った。

退出時には報道陣から「撮影時に変わった様子はありませんでしたか」「宗教について話をされたり
しましたか」「連絡はとっていますか」などの声が飛んだが、女子高生が中心の客席から大歓声が
巻き起こったこともあり、反応はなし。飯豊は最後に頭を下げて「ありがとうござました」と一礼した。

関係者によると、当初は清水に対するサプライズの演出があったというが、騒動をうけて取り消されたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000096-dal-ent


続きを読む

タモリ「引退するから世界一周を」がん逝去親友との涙の約束



(出典 livedoor.blogimg.jp)



1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/02/21(火) 00:11:14.02 ID:CAP_USER9.net

女性自身 2/21(火) 0:00配信

2月13日、東京・目黒区の碑文谷会館の葬儀会場には、悲しみに暮れるタモリ(71)の姿があった。トレードマークであるサングラスの奥に光るものを
たたえながら、じっと無言で祭壇の前に立ち尽くす。その視線の先には、「タモリカップ」のロゴ入りの帽子をかぶった男性の笑顔の遺影が。金井尚史さん
(享年56)。数多の人気番組に出演してきたタモリがもっとも信頼を寄せていたテレビマンが、この金井さんだった。

「タモリさんとは90年代にラジオ番組『タモリの週刊ダイナマイク』で仕事をしたのが親しくなったきっかけだったと聞いています」(芸能関係者)

タモリと金井さんは、瞬く間に意気投合。2人の親密ぶりを、ニッポン放送関係者が明かす。

「金井さんは、相手の懐に入るのが早くてうまい。タモリさんと番組を始めたときもそう。タモリさんがヨットが好きだと聞くと、あっという間に1級船舶
免許を取って周囲を驚かせた。以降、公私に渡って親しい付き合いを続けていました。毎年お正月はタモリさん宅で過ごしていましたし、『笑っていいとも!』が
終わった直後のタモリ夫妻のヨーロッパ旅行にも、彼は同行していました」

タモリの夢の実現に一役買ったのも、金井さんだった。前出の芸能関係者は語る。

「タモリさんは昔から『ヨットレース=お金持ちのスポーツというイメージをなんとか払拭したい』と話してました。参加費を下げて、誰でも気軽に楽しめる、
そんなヨットレースをやりたいというのがタモリさんの夢でした。ですが、いくら著名なタモリさんでも、ヨットレースを主催するのは難しいだろう、
というのが大方の関係者の意見でした」

これまで、いくつもの難しい番組企画を成立させてきた金井さんは、その高い交渉能力、プロデューサーとしての手腕を、タモリのためにいかんなく発揮した。
参加費を抑えるために、たくさんの企業に協賛を求めて回った。

「そうして09年、『日本一楽しいヨットレース』を謳い文句にスタートしたのが『タモリカップ』です。大会プロデューサーとして毎年開催を続けながら規模を
拡大させて、昨年には237艇が参加する日本一のヨットレースにしたんです」(ヨット関係者)

タモリカップをここまで大きく育ててきた2人。その絆はいつしか揺るぎないものとなっていた。しかしタモリにとってかけがえのない存在である金井さんに、
病魔が襲い掛かる。15年5月、検診を受けた金井さんの体にがんが発見されたのだ。金井さんの友人が語る。

「肝臓がんでした。精密検査の結果から、医師は『余命3年』と告げたそうです。金井は人一倍明るい性格なので『まいったよ~』と笑顔で僕らには
話してましたけど……」

医師からの余命宣告に、本人以上にショックを受けたのがタモリだった。

「彼の病状を聞いたタモリさんは、ひどく驚いていたようです。そして金井に向かって突然、『おれ、引退するから。ヨットで世界一周しよう』と言ったんです」
(金井さんの友人)

複数のレギュラー番組を抱え、芸能界で不動の地位を築いたタモリ。だが、それらすべてを投げ捨ててまで、タモリは金井さんに生きるための希望を与えたかったのだ。
しかし、金井さんの病状は予想以上に早く悪化していった。

1月末、家族以外面会謝絶だったがタモリだけは面会を認められた。やがて金井さんは意識を失う。ベッドサイドから見守っていたタモリはこんな提案を。
タモリはジャズ好きなことで有名だが、金井さんもサックスが趣味だった。好きな音楽を聞いたらもしかして――。

「音は聞こえているかもしれない。耳元で音楽を流してあげたらいいんじゃないかな」

しかし今月9日、午前2時4分。タモリの願いもかなわず、金井さんはついに帰らぬ人となった。冒頭で紹介した葬儀会場でのこと。身じろぎもせずに金井さんの
遺影を見つめ続けたタモリは、出棺直前、真っ先に棺に歩み寄った。

「タモリさんがとくに弔辞を述べることはありませんでした。でもこのとき、棺の中には2人が育てたタモリカップのパンフレットも収められていました。
そのパンフレットに目を落としながら、タモリさんは故人の顔の横にそっと花を置いたんです」(前出・芸能関係者)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170221-00010004-jisin-ent


続きを読む

高須院長、ピコ太郎ギャラ数百億円「なんとかなる」



(出典 lifepcolor.com)



1 たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/02/22(水) 10:54:18.67 ID:CAP_USER9.net

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が、「PPAP」で世界的ブレークしたピコ太郎を起用したCMで、“言い値”で支払うとしているギャランティについて、数百億円程度であれば「なんとかなる」とコメントした。

 22日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」では、来週月曜よりオンエア予定という高須クリニックの新CMを紹介。高須院長がピコ太郎と同じ衣装で共演し、ノリの良い楽曲に合わせて踊るという内容だ。

 このCMギャラについて高須院長は、1月18日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」に電話出演した際、「何も言ってません。請求されただけ払うから」「(1億円)それくらい払いますよ」と太っ腹な発言をしていた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-01782450-nksports-ent
日刊スポーツ 2/22(水) 10:50配信


続きを読む

のん、ラジオで激白!「今、一番やりたいことは仕事ですね」



1 湛然 ★@\(^o^)/ :2017/02/22(水) 14:17:51.61 ID:CAP_USER9.net

2017年2月22日13時7分 スポーツ報知

 女優・のん(本名・能年玲奈=23)が22日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜・前11時半)にゲスト出演し、「ビバデミー賞2017」の最優秀声優賞を受賞した。

 声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」が大ヒットし、各映画賞を総なめ状態。MCの落語家・春風亭昇太(57)が対面し開口一番、「お肌がつるつるでかわいいよね」と絶賛。のんはすっぴんでスタジオ入りしていたことを明*と、昇太は「本当に、君それ、すっぴんなの?何だよもう!」と絶叫した。

 肌のお手入れ法を聞かれ「内臓の調子が肌の調子につながるので、内臓の調子を整えるものを摂取している。ご飯とかは野菜を中心に…」と話しながらも、大好きなものはポテトチップと即答。「食べものの中で一番好きです」と不思議なトークを繰り広げ、昇太を大爆笑させた。

 表彰したい人物を聞かれると「考えたんですが、“おーい、はに丸くん”です」とNHKのキャラを挙げ、「この間、初めてお会いして共演させていただきました。むちゃくちゃ元気でした。顔色? ちょっと土系で心配でした。(はに丸くんに)似ていると言われたことがあったので…。2人から…」と話した。

 声優の挑戦については「声だけで演技をする、感情の流れを声に乗せる今までと違うことができました」と語り、リスナーからの質問で「今、一番やりたいこと」を聞かれると「仕事ですね」と回答。女優業について振られると「企画があれば…」と意気込んだ。



(出典 www.hochi.co.jp)

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170222-OHT1T50055.html


続きを読む

KANA―BOON飯田、清水富美加との不倫告白…事務所が対応検討



1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/02/21(火) 12:57:46.04 ID:CAP_USER9.net

スポニチアネックス 2/21(火) 3:30

 宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加(22)の交際相手だった既婚者のバンドマンが過去に不倫関係にあったことを認め、所属事務所に報告したことが20日、分かった。

 スポニチ本紙が19日付で報じた元交際相手のバンドマンは、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)。
清水は千眼美子名義で17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていた。

 この日、飯田の所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」と説明した。
飯田は破局したとはいえ、清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出たことの一つの要因になったかもしれないことに責任を感じ、事務所側に全てを明かした。

 一方の教団側は「本に書いてあることが全てです」と不倫関係については否定も肯定もしなかった。

 飯田の所属事務所は「今後の活動などに関しては協議中」とし、近く対応を発表する見通し。別の音楽関係者は「本で清水さんが“好きだった人も忘れました”と書いているように、2人の中で気持ちの整理はついている。
処分が出るにしても活動に大きな影響はないのでは」と話している。

 ◆KANA―BOON(カナブーン) 高校の同級生だった谷口鮪(ボーカル)、古賀隼斗(ギター)、小泉貴裕(ドラムス)に飯田を加えた4人組。12年に音楽オーディションでグランプリを受賞。
13年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。メジャーでシングル10枚、アルバム3枚を発売。オリコン最高位はアルバム「DOPPEL」(13年10月)の3位。


・清水富美加と交際していたことを認めた「KANA―BOON」の飯田祐馬

(出典 www.sponichi.co.jp)

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/20/kiji/20170221s00041000084000c.html


前スレ(★1:2017/02/21(火) 04:42:42.05)
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487642853/


続きを読む

元SMAP・中居正広「すごい濃い2年だった」父の命日に激動を振り返る



(出典 cubepod.blog.so-net.ne.jp)



1 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ :2017/02/19(日) 09:09:44.82 ID:CAP_USER9.net

 元SMAP・中居正広(44)が、18日深夜に放送されたパーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜・後11時)で、2015年2月19日に79歳で亡くなった父・正志さんの命日を前に、「すごい濃い2年だった」と激動の2年を振り返った。

 中居は番組冒頭で正志さんの三回忌について触れ「まだ2年なのか、もう2年なのか…」としんみり。「こんなに濃い2年ってなかなかないよね。すごい濃い2年だったなって思うよね」と、昨年大晦日でSMAPが解散するなど、大きな転機を迎えた2年を「濃い」という言葉で表した。

 正志さんのお墓参りに行くと「俺はお化けとかUFOとか信じないんだけど、今日は(正志さんが)いるなとか、今日はいないなとかあるのよ」と、「父」を感じる瞬間があることを告白。「霊感とかなんもないんだけど、肌で感じてるのか頭で感じてるのか…」と今までなかった不思議体験を語った。

 野球少年だった中居の試合をいつも観戦に来たという正志さん。「必ず見に来てたの。雨が降ろうが雪が降ろうが試合前には必ずいるの。終わったらすぐ帰っちゃうんだけど」。他の保護者が誰も来なくても「チャリンコで40、50分かけて行くようなとこでも必ず来てくれたの」とうれしそうに中居。そんな正志さんが「オマエがチームを作ってやるようなのはできないのかな。オマエが子どもに教えてるところを見たいなあ」と“夢”を語っていたことも懐かしそうに明かした。

 エンディング曲は、正志さんにささげるような松任谷由実の「まぶしい草野球」だった。

スポーツ報知 2/19(日) 9:03配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000344-sph-ent


続きを読む

有吉弘行、 清水富美加にキレる芸能人に呆れる!「よく真剣に怒れるね!」



(出典 ranking.xgoo.jp)



1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/02/20(月) 13:23:33.44 ID:CAP_USER9.net

19日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN)で有吉弘行が、女優・清水富美加の出家騒動をめぐり怒りを露わにする芸能人たちについて「鬼みたいで恥ずかしい」と唖然とした。

先週の放送で、清水の騒動について「なんかいいね」「こうやって才能があって、惜しまれつつ辞めるみたいな感じ一番いいわ」と称賛していた有吉。

19日の放送でも冒頭から有吉は、清水の改名後の名義「千眼美子(せんげんよしこ)」について触れた。そして今回の騒動について「どうでもいいことじゃない」「大事なこと」と前置きしながらも、「ワイドショーとかで怒っているようなおじさんたち、おばさんたちのようには、私は怒りません!」と宣言。

続けて有吉は、唖然とした口ぶりで「あんなことで怒っている人たちの顔見たら、鬼みたいで恥ずかしいから」「ワイドショーでよくあんなに真剣に怒れるね!」と笑いつつも最後は「まあそれが仕事なのか」とこぼしていた。

2017年2月20日 11時37分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12696982/


続きを読む

清水富美加の告白本で業界人が 「それ言っちゃダメ!」と青ざめた内容とは?



(出典 www.lespros.co.jp)



1 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ :2017/02/20(月) 14:44:56.44 ID:CAP_USER9.net

女優の清水富美加が2月17日、出家名の千眼美子名義で告白本「全部、言っちゃうね。」を発表。
年収や生い立ちなどこれまで表に出ていなかった部分が明かされており、各方面からの注目を集めている。

そのなかで芸能関係者が「それは言っちゃダメでしょ!」と顔を青ざめる内容があるというのだ。芸能ライターが耳打ちする。

「本書では芸能界における公然の秘密がひとつ明かされています。それは『オーディションを受けたのがデビューのきっかけということになってますが、
実はスカウトが先なんです』という箇所。清水は中2の時に渋谷でスカウトされ、事務所の指示でレプロガールズオーディション2008を受けたわけです。
このようにスカウトが先で、箔を付けるためにオーディションに合格させることは、他の事務所も含めて珍しいことではありません」

同様のケースはアイドルグループのオーディションや、大手事務所主催の大型オーディションでも見られるという。

一般公募では目ぼしい人材が集まらない恐れもあり、保険の意味で出来レース的な枠を設けることにはリスクヘッジの意味も込められていそうだ。

ともあれ、清水をスカウトしたスタッフは、素晴らしい原石を見つけたと興奮していたはず。
その9年後にまさかこんな展開が待っていたとは、思いもよらなかったことだろう。
http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_75778/


続きを読む

亀梨和也&山下智久が「修二と彰」以来12年ぶりユニット結成 



(出典 pbs.twimg.com)



1 muffin ★@\(^o^)/ :2017/02/18(土) 23:24:40.59 ID:CAP_USER9.net

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/02/18/0009927533.shtml
2017.2.18

 KAT-TUNの亀梨和也(30)と歌手・山下智久(31)が2005年の限定ユニット「修二と彰」以来、12年ぶりにタッグを組み、スペシャルユニット「亀と山P」を結成することが18日、分かった。

2人は、亀梨主演の日本テレビ系連続ドラマ「ボク、運命の人です。」(4月スタート。土曜、後10・00)で12年ぶりドラマ共演。新ユニットで主題歌(タイトル未定)を歌う。

 2人は05年10月期の同局系連ドラ「野ブタ。をプロデュース」(土曜、後9・00)内から誕生したユニット「修二と彰」として、ドラマ主題歌「青春アミーゴ」を担当。
同年11月にシングル発売し、オリコンチャートで1位を獲得するなど、大ヒットを生んだ。

 亀梨が所属するKAT-TUNは昨年5月1日の東京ドームでのコンサートを最後に、個々の活動を今後さらに充実させるための「充電期間」としてグループでの活動を休止中。
約1年ぶりの音楽活動となり、ファンにとっては嬉しいニュースだ。

 「ボク-」の脚本は「世界一難しい恋」「きょうは会社休みます。」などを手がけた金子茂樹氏。
“運命”と信じた女性に愚直にアタックし続ける男・正木誠(亀梨)と、“運命”を信じず、現実的で“安心”な恋を求める女・湖月晴子(木村文乃)が繰り広げるラブコメディーで、
山下は“神様”を自称し、正木に運命の恋を説く、謎の男として登場する。

 なお、「野ブタ-」「ごくせん」など29年にわたり人気ドラマを輩出した日テレの土曜午後9時枠は、4月から土曜午後10時枠に移動。今回のドラマが新枠第1弾となる。


続きを読む