【芸能】<TOKIOの4人>怒り隠さなかった「山口達也の無責任な行動」


(出典 up.gc-img.net)

1 Egg ★ :2018/05/07(月) 19:11:26.28 ID:CAP_USER9.net

 5月6日にジャニーズ事務所は、TOKIOの山口達也(46)の契約を解除したことを発表した。2日には山口以外のTOKIOのメンバー4人が会見し、4月30日に5人で話し合ったこと、その際に山口からグループ脱退の申し出があったことなどが明かされていた。山口が持参した「辞表」はリーダーの城島茂(47)が預かったことも伝えられたが、あらためて山口本人から事務所に対して強い辞意表明があったことを受け、申し出は受理された。

 山口の不祥事発覚後、メンバーたちは苦悩の日々を過ごしていた。長瀬智也(39)をインドで目撃したという男性はこう語る。

「インドのニューデリー市内を車で移動中、隣の車に長瀬さんが乗っていて驚きました。渋滞の中、しばらく様子をうかがうと、彼は同乗していた人たちと会話もせず、ずっとスマホを弄って誰かと連絡を取っているようでした。時折、険しい表情になったり頭を抱えたり、苛立っているようにも見えました」

 その男性は、彼らが置かれている状況を知らなかった。この日は“あの会見”の翌日で、メンバーそれぞれが、ただならぬ思いを抱えていた。4月26日、女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検された(その後、起訴猶予)山口が記者会見を開いて釈明をすると、メンバーは厳しい反応を見せた。

 山口が「またTOKIOとしてやっていけたら」と語ったことについて、国分太一(43)は「そんな甘えた言葉は聞きたくなかった」と憤り、リーダーの城島も山口のグループ復帰は「ありえない」と突き放した。

 松岡昌宏(41)は親交のあるフリーアナウンサーの宮根誠司(55)に連絡し、「山口がやったことは絶対に許されることじゃない。山口に対してもTOKIOに対しても、絶対フォローするようなことはいわないで、厳しいことをいってください」と頼んだという。

 メンバーが怒りを隠さなかったのは、山口の無責任な行動に起因する。山口は飲酒で体調を崩したため今年に入り1か月ほど入院していたが、退院直後に事件を起こした。

「山口の酒癖の悪さは有名で、一言でいえば酒乱です。酒による失敗談も多く、2016年に離婚した原因の一つでもありました。一時、山口には24時間体制でマネージャーが付き、“飲酒監視”されていたほどです。メンバーは山口の酒の飲み方をとても心配していましたが、病院で治療していると聞いて安心していたんです。ところが退院当日に酒を飲み、こんな問題を起こしてしまった。メンバーからすれば“裏切られた”という気持ちでしょう」(芸能関係者)

 山口は、TOKIO全員での仕事を含め、テレビ・ラジオのレギュラー番組を6本、CM4社を抱える売れっ子だったが、CMは放送中止になり、その違約金は数億円にのぼるともいわれている。

「TOKIOの仕事の中でも、とりわけ東京五輪アンバサダーはどうしてもやりたい仕事ですが、国際的な行事に、“未成年者への強制わいせつ”は、最悪の組み合わせです。今後はグループにとって山口が在籍していたこと自体が足かせになる可能性もある」(前出・芸能関係者)

 山口は離婚の直前まで、都内の一軒家に家族と住んでいた。近隣住民がいう。

「2人のお子さんとベランダで遊んでいる姿をよく見かけました。仲の良い家族という印象しかなかったけど、離婚後は誰の姿も見えなくなった」

 酒の失敗談というには、代償が大きすぎた。

2018年5月7日 7時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14678049/

続きを読む