【芸能】香里奈、ドラマに出演するが‟NG事項”が多すぎる!?



(出典 hsmizm.com)



1 きゅう ★ :2018/08/16(木) 20:50:15.71 ID:CAP_USER9.net

 女優の香里奈(34)が、石原さとみ(31)主演の日本テレビ系連続ドラマ「高嶺の花」の22日の第7話から登場し、後半のカギを握る役どころに挑戦するという。

 15日放送の6話では、華道「月島流」の令嬢・もも(石原)と自転車店主の直人(峯田和伸)が結婚式へと向かう様子が描かれた。

 香里奈はその後、直人とひょんなことから出会い、しだいに親密になっていく看護師の千秋を演じるというのだ。

 「以前は基本、主演しかオファーを受けなかった香里奈ですが、もはやそうも言っていられなくなりました。話題のドラマだと思ってオファーを受けたようですが、視聴率は“右肩下がり”。1ケタの低空飛行から抜け出せていません。そこに香里奈を投入したところで、数字が跳ね上がるはずがありません」(テレビ関係者)

 香里奈といえば、やはり思い出されるのが、14年3月に一部週刊誌に掲載された、泥酔してM字開脚した“ベッド写真”。

 その後しばらく表舞台から姿を消し、仕事復帰したものの、以降、CMのオファーはまったくなくなってしまった。

 いわば香里奈にとっての“黒歴史”だが、その一件が原因で“NG事項”だらけだというのだ。

 「事務所はなんとかあのイメージを払拭したいので、あの写真を連想させるような、たとえばベッドシーンなどはすべてNGです。ドラマでの役どころはいわば直人を“誘惑”するんですが、セクシャルな表現はなさそう。女優としての魅力は半減どころではなくなってしまいました」(民放キー局のドラマ班スタッフ)

 どうせなら、あの騒動をネタにして奮起してほしいものだ。

https://wjn.jp/article/detail/2246244/

(出典 wjn.jp)


続きを読む

【芸能】橋本環奈・長澤まさみ・夏菜『銀魂2』クランクイン!美女3人の貴重な浴衣姿にファン歓喜【画像あり】



(出典 wwws.warnerbros.co.jp)



1 ひかり ★ :2018/08/10(金) 12:06:46.11 ID:CAP_USER9.net

 女優の橋本環奈、長澤まさみ、夏菜の浴衣姿が、三人が出演する映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)の公式アカウントに投稿された。
美女ぞろいの豪華ショットに「かわいい」「素敵」といった感想が集まっている。

 本作は、空知英秋による人気コミック『銀魂』を実写化した第2弾。今回、実写化されるのは、最もアツい展開が原作ファンに人気の「真選組動乱篇」と、
隠れ人気キャラの“将ちゃん”こと、江戸幕府第14代征夷大将軍が登場する「将軍接待篇」を融合させたエピソード。前作から神楽役の橋本、志村妙役の長澤が続投し、
今作からは猿飛あやめ役で夏菜が加わる。

 「完成披露試写会、大盛況ありがとうございましたッッッ」とのキャプションで公開されているのは、同作の完成披露試写会に浴衣姿で臨んだキャスト陣の
オフショットだ。橋本、長澤、夏菜が並んだ3ショットのほかに、橋本は吉沢亮との2ショットでも登場している。

 ファンからは美女三人の浴衣姿に「かわいい」「浴衣 素敵です」「環奈ちゃん色っぺぇ」といった声が集まった。また、公開が1週間後と迫った映画の方にも
「めっっさたのしみです!!!」「はよ観にいきたい」といった待ちきれないファンの声が集まった。

クランクイン!!
https://crank-in.net/news/58113/1

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


続きを読む

【芸能】錦戸亮、新垣結衣と不倫女性の二股疑惑浮上で新垣ファンから怒りの声



(出典 www.lespros.co.jp)



1 神々廻 ★ :2018/08/06(月) 23:20:42.99 ID:CAP_USER9.net

8月3日発売の「フライデー」が、関ジャニ∞・錦戸亮と、子供のいる関西の既婚者女性との不貞関係をスクープした。2人は6年にわたって関係を続けてきたという。

「記事によると、2人が出会ったのは6年前。クラブで、錦戸の方から声をかけたとのこと。そして女性をタクシーに乗せ、彼はキスを迫るなど“その気”だったそうですが、女性は逃亡。しかし4年後に再会し、錦戸は相手に家庭があることを知りながら肉体関係を結び、月1ペースで逢瀬を重ねているそうです。現在、女性は『本気で好きになってしまった』と号泣するほどの精神状態であると友人が証言しています」(芸能記者)

 そんな錦戸といえば、2011年のドラマ「全開ガール」(フジテレビ系)で共演した新垣結衣と、13年に交際が発覚。それが今回報道された女性と期間がかぶっていることで、新垣ファンを激怒させているという。

「新垣と交際が発覚したのは13年ですが、2年前のドラマ共演後から2人は交際していたという噂もある。そして今回、既婚者の女性と出会ったのは12年で、ベッドインは未遂に終わったものの、キスを迫り“やりたいオーラ”を出していたということで、新垣との2股疑惑が浮上しているのです。そのため、彼女のファンからは『期間が被ってる可能性があるな。もしもガッキーを悲しませていたら許さないぞ』『なんでこんな男がよかったんだよ!』『ガッキーは女癖の悪さに耐えられなくなったんじゃ?』と怒りや憶測の声が殺到しています」(前出・芸能記者)

https://www.asagei.com/excerpt/109768


続きを読む

【芸能】満島ひかり、小沢健二とライブツアーやプライベートで信頼関係を築く



(出典 image.news.livedoor.com)



1 muffin ★ :2018/08/06(月) 17:07:08.64 ID:CAP_USER9.net

https://smart-flash.jp/showbiz/46566
2018.08.06

「こっちおいで~」
 走り寄ってきた幼子を、満島ひかり(32)は破顔して抱き上げた。児童館でじゃれ合う子供たちの笑い声が、寄る辺ない心を癒やす。

「昨年秋に放送された連続ドラマへの出演を最後に、大きな仕事は入っていない。交際していた永山絢斗とは、すでに破局しており、一人で過ごすことが多い。妹が心配してよく会いに来ているようだ」(芸能プロ関係者)

2016年5月、本誌は満島と映画監督の石井裕也氏(35)の離婚と、新恋人・永山絢斗(29)との交際をスクープした。永山の兄である瑛太(35)・木村カエラ(33)一家とともに、食事に行く様子を報じたが、長くは続かなかった。「永山は交際開始直後から朝ドラ撮影のため、大阪に何カ月間も長期出張。その後も互いの撮影や舞台が重なり、すれ違った」(制作会社関係者)

満島は2018年3月に、9年間所属した事務所から独立している。安定を捨ててまで、手に入れたかったものとは。

「満島は女優としてのこだわりが強く、納得のいかない仕事はしたくないとはっきり言うタイプ。作品の宣伝のための取材やテレビ出演など、演技以外の仕事を嫌う。

独立は2年ほど前から考えていたようで、今はマネージャーを置かず全部一人でやっている。『これからはもう映像作品には出ない。舞台と音楽をやっていきたい』と言っている」(前出・芸能プロ関係者)

6月には、自らが企画を持ち込んだ宮藤官九郎(48)演出の舞台さえ降板した。

そんな満島には、心の支えになっていた人物がいた。シンガー・ソングライターの小沢健二(50)である。

6月中旬、満島とともに都内の児童館を訪れていたのは、小沢と、彼の2人の息子たちだった。満島の妹でモデルの満島みなみ(27)と、その子供の姿もあった。妹の子供はもちろん、小沢の子供たちも満島によく懐いている。

「2人は、満島出演のドラマ『カルテット』(2017年・TBS系)の主題歌を作詞作曲した椎名林檎の紹介で知り合った。2018年1月には、満島がニューヨークの小沢夫妻を訪ね、悩みを打ち明けるほどの間柄になった」(舞台関係者)

満島は4月下旬からおこなわれた小沢のライブツアーにも出演。ことあるごとに、小沢への信頼を周囲に語っている。小沢もまた、満島に信頼を置く。ライブ後にブログで、満島への思いを綴っていた(現在は削除)。

《満島さんとは、過去半年近く、一緒に魂をけずって、長い話をし、お互いに尊敬を持って、作業してきました》

 ツアーを終えても、プライベートで交流を重ねていたようだ。「意気投合している2人だが、小沢には米国籍の妻と2人の息子がいる。いくら満島が彼を頼りにしていても、それ以上の関係になることはできない」(前出・舞台関係者)

満島の心が愛で満たされることはない。


続きを読む

【芸能】のん「LINEモバイル: TVCM ~ 虹篇 ~」に出演!楽曲はフジファブリックの『若者のすべて』【動画あり】



(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



1 湛然 ★ :2018/07/27(金) 22:46:48.44 ID:CAP_USER9.net

のん出演、LINEモバイルCMソングにフジファブリック“若者のすべて”
2018/07/26 19:25

フジファブリックの楽曲“若者のすべて”がLINEモバイルのCM「虹」篇に起用されている。

本日7月26日からオンエアされているLINEモバイルのCM「虹」篇。レインコートを着たのんが雨に打たれている様子が映し出されている。

“若者のすべて”は2007年にリリースされたフジファブリックにとって10枚目のシングル曲で、様々なミュージシャンたちにカバーされてきた。
2009年に逝去した志村正彦(Vo,Gt)が作詞作曲を手掛けている。フジファブリックは来年メジャーデビュー15周年を迎え、現在は山内総一郎(Gt,Vo)、金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(Ba)の3人で活動している。


【公式】LINEモバイル: TVCM ~ 虹篇 ~ [LINE Japan]

(出典 Youtube)


フジファブリック

(出典 www.cinra.net)

https://www.cinra.net/news/20180726-fujifabric


続きを読む

【芸能】吉岡里帆、主演ドラマ2回目の視聴率が大幅にダウン…



(出典 dramania7.com)



1 ホイミン ★ :2018/07/28(土) 18:42:44.83 ID:CAP_USER9.net

飛ぶ鳥を落とす勢い(かと思われていた)の女優・吉岡里帆主演のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の第2回が7月24日に放送されたが、初回7.9%だった視聴率が、もののみごとに急降下。平均視聴率が5.5%にまで落ち込んでしまった。

 本作は人気コミックが原作。現代の問題となっている生活保護の実態に切り込んだテーマで、吉岡演じる新米ケースワーカーの成長と奮闘を描くという、女優・吉岡にとって今後のステップになりえる作品だったはずなのだが…。

「制作サイドは吉岡の人気を当て込んで主演に抜擢したはずですが、吉岡といえばあざといといわれるほどのぶりっ子キャラで獲得した、今や“リア充”そのものの明るい存在感がウリです。そんな吉岡にはドラマのテーマが重すぎるという声はありますね。ちなみに、17日に発売された男性週刊誌『週刊プレイボーイ』は吉岡の大特集グラビアでオリジナルのDVDを付けてバカ売れしたそうです。それだけに彼女の人気は確かなのですが、ネット上のコメントを見るかぎり、やはり今回のドラマはファンの期待する吉岡ではないのかもしれません」(週刊誌記者)

 そんなミスマッチ感を証明するかのように、確かにネット上には「好きだけど別にドラマは見てない」といった声が並び、さらには「見たいのは吉岡の胸だけ」「脱がなきゃ意味ないよ」「誰も演技は期待してない。グラドルに戻ろう!」など、あきらかに吉岡人気のリアルな実態がわかるコメントが羅列されてしまっている。

https://www.asagei.com/excerpt/109256


続きを読む

【芸能】本田翼 下手と言われる演技力、ドラマ・絶対零度では…?



(出典 iropel0103.com)



1 膳摩漏 ★ :2018/07/25(水) 01:59:57.09 ID:CAP_USER9.net

連続ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)に出演している女優の本田翼に対する風当たりが強い。
7月23日放送の第3話では、刑事役の本田が犯人に襲われる場面があったが、インターネット上では賛否両論が巻き起こった。

https://myjitsu.jp/archives/57745


続きを読む

【芸能】本田翼 下手と言われる演技力、ドラマ・絶対零度では…?



(出典 iropel0103.com)



1 膳摩漏 ★ :2018/07/25(水) 01:59:57.09 ID:CAP_USER9.net

連続ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)に出演している女優の本田翼に対する風当たりが強い。
7月23日放送の第3話では、刑事役の本田が犯人に襲われる場面があったが、インターネット上では賛否両論が巻き起こった。

https://myjitsu.jp/archives/57745


続きを読む

【芸能】高畑充希、グルメドラマの主演に決定!‟箸の持ち方”は矯正される?



(出典 www.j-cast.com)



1 プーアル ★ :2018/07/25(水) 20:02:22.99 ID:CAP_USER9.net

女優の高畑充希が、10月からスタートするドラマ「忘却のサチコ」(テレビ東京系)で主役を演じることが明らかになった。「忘却のサチコ」は、阿部潤氏原作の同名の人気コミック。
やり手女性編集者でアラサーの主人公が、結婚式の当日に失踪した新郎を思い出しては食に走る。美味しい食事が傷付いた心を忘れさせてくれることを発見して、グルメにとことんのめり込むといったストーリーだ。

高畑は、食べ方について激しくツッコまれた過去がある。

「2016年5月に放送されたトーク番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演した際、肉料理を食べてストレスを解消していることを告白。そこで、スタジオでは様々な肉料理を試食する場面がありました。
その試食シーンで、高畑の箸の使い方が“おかしい”と視聴者から指摘を受けています。それを受けて、1月のスペシャルドラマ『忘却のサチコ』でも、食事シーンに注目が集まっていましたが、やはり改善はされていないようでした」(エンタメ誌ライター)

 実際、放送終了後ネットでは「箸の持ち方が下手」「箸の持ち方を矯正させた方がいい」などといった厳しい意見が殺到していた。

https://asajo.jp/excerpt/55906


続きを読む

【芸能】<この世界の片隅に>松本穂香・松坂桃李が夫婦役 初回は視聴率2桁スタート



(出典 dorama9.com)



1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/18(水) 02:31:09.29 ID:CAP_USER9.net

この世界の片隅に:初回視聴率10.9%と2桁スタート 「ひよっこ」松本穂香がすずさんに!
7/17(火) 10:04配信 MANTANWEB(まんたんウェブ)
https://mantan-web.jp/article/20180717dog00m200010000c.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-mantan-ent

TBS系日曜劇場「この世界の片隅に」でヒロインを務める松本穂香さん(左)と夫役の松坂桃李さん

(出典 storage.mantan-web.jp)


こうの史代さんのマンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)の初回が15日、25分拡大で放送され、平均視聴率は10.9%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2桁スタートを切った。

コミックスの累計発行部数は130万部を突破し、2016年公開の劇場版アニメはロングヒットを記録と、多くのファンを持つ名作を、数々のヒット作を生み出してきた人気ドラマ枠「日曜劇場」で実写連ドラ化。
昨年放送のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で脚光を浴びた松本穂香さんがヒロインのすずを演じることも話題を集めていた。

「この世界の片隅に」は、マンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で連載され、09年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞したマンガ。戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれた。
ドラマの脚本は、「ひよっこ」などで知られる岡田惠和さん、演出は連続ドラマ「カルテット」「逃げるは恥だが役に立つ」(共にTBS系)の土井裕泰さん。また、作曲家の久石譲さんが、民放連ドラでは約24年ぶりに音楽を手がける。

第1話では、妹のすみ(久保田紗友さん)と共に祖母・森田イト(宮本信子さん)の家で手伝いをしていたすず(松本さん)のもとに叔母が、江波(えば)の自宅に「すずを嫁に欲しい」という人が来ていると連絡があったと伝えに来る。
事情がよく分からないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみの水原哲(村上虹郎さん)と出会う。てっきり哲が相手の人だと思っていたすずは、さらに混乱する。
そのころ、浦野家では北條周作(松坂桃李さん)とその父・円太郎(田口トモロヲさん)がすずの帰宅を待っていて……という展開だった。

★1がたった時間:2018/07/17(火) 10:07:31.17
※前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531789651/


続きを読む

【芸能】石原さとみ 『高嶺の花』どの役を演じても‟石原さとみ”?



(出典 realsound.jp)



1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/14(土) 21:34:34.57 ID:CAP_USER9.net

石原さとみ 『高嶺の花』で囁かれる「キムタク化」への懸念
7/14(土) 16:00配信 NEWS ポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20180714_720619.html
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00000015-pseven-ent

今クールの目玉作品のひとつ(番組公式HPより)

(出典 img2.news-postseven.com)


キムタク

(出典 i.ytimg.com)


作品の看板を背負う主演俳優にとって、求められる役割を全うすることが第一だ。一方で、「期待に違わぬ働き」と、「殻を打ち破る仕事」は相反しやすいのも事実。つまり、存在の大きな役者であればあるほど作品の都度マンネリと戦うことになる。
ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

* * *

夏ドラマが続々とスタート。中でも注目の一作が、ヒットメーカー・野島伸司脚本、石原さとみ主演の『高嶺の花』(日本テレビ系水曜午後10時)。
視聴者の高い期待を反映してか、初回平均視聴率は11.1%と二桁台の好スタートを切りました。

第1話はまさしく「石原さとみ」感全開。あらためて存在感のある女優、ということを思い知りました。逆から言えば、「月島もも」という人物から「高嶺感」が漂ってこない。
歴史と伝統のある名門に生まれた女性なのに、そこに居るのはまさに「石原さとみ」そのもの。気品や奥ゆかしさ、華麗さがそのしぐさや表情から滲み出てこないのは、なぜ?

伝統文化を守り続けてきた家系、「道」の宗家といったものは、どんな分野であっても奥が深くて複雑な独特の世界を持っています。本質的・思索的とも言えるし、秘密もあれば謎もある。
悪くいえば前近代的・閉鎖的で、しかしその分、うさんくさいほどに面白く味わい深く掘れば掘るほど発見があり、さまざまな物語が生まれ出る独特のワールドのはず。

それなのに……。残念なことに『高嶺の花』では、名門華道の家という設定を「小道具」程度の装飾物としか扱っていないように映ってしまうのです。
一言でいえば、華道というテーマに対する向き合い方が薄っぺらい。

一般的に、お花というと何だか花嫁修業のように思うかもしれませんが、例えば華道の根源・池坊の家元は、紫雲山頂法寺(通称六角堂)の住職を兼ねています。つまり、仏教の僧侶。また池坊の名称は聖徳太子が沐浴した池に由来していて、つまり仏教と花とは深い関係にあります。

「高嶺」の二文字が示すのはそれほど「高い」「嶺」を極めるということ。華道を中途半端に扱うとすれば、ももが「名門華道」の「高嶺の人」に見えてこないのも当たり前かもしれません。

一方このドラマの中で「石原さとみ節」は健在。早口のアルトの声でつぶやいたかと思えば張り裂けんばかりに高く叫ぶ、あの速度感あるセリフ回しが目立ちます。

これまでそうした「石原さとみ節」が評判をとったことは多々ありました。例えば『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』では、やはり石原節が炸裂していましたが、それと同時に「校閲」という地味な仕事の中味を細かく解説し描き出していて、出版界というやはり個性的な舞台の上で、くるくる変化するファッションで立ち回る石原さんの姿は輝いていました。
「石原節」が悪目立ちするというよりも、効果的に物語に溶け込んでいたのです。

あるいは、ヒットした前作『アンナチュラル』では、医療界・法医解剖医という特殊性もあってか、むしろ石原節は相当に抑制されていて、その結果は「良」と出ました。

では、今回はどうでしょうか?

どこまで石原さとみテイストを脱ぎ捨てて、登場人物としての空気感をまとえるか。どこまで気品とプライド、まさに「高嶺の花」の雰囲気を漂わすことができるか、試されています。

「何をやっても石原さとみ」とは、「何をやってもキムタク」に相通じるものがある──という深遠な批評も耳にしました。

なるほど。キムタクの悲劇とは、考えてみればキムタク1人が悪いのではない。みんなが寄ってたかってキムタクに乗っかって、キムタク節に「依存」してしまうことによって醸造され増殖していった。石原さんがその二の舞になるのか否かは、まだ未知数です。

例えば、脇役にずらりと上手な人を揃え芝居をしっかりと固める、職業や時代背景といったものを丁寧に細かく彫り込んで描き出す、といった工夫を凝らさない限り、個性的な役者のテイスト感が悪目立ちしてしまいがち──そんな教訓から、いかに学ぶことができるか。
このドラマの今後を占うヒントが、そのあたりにありそうです。


続きを読む